株式会社アイ・シー・ジー 廣瀬直樹さん(千葉県浦安市)

編集長 黒田
編集長 黒田
編集長推薦!廣瀬さんはこんなひとです!
①創業20年、地元・浦安で新築・大型リフォームを手がけてきた大ベテラン
ぼくが25の時にリフォームの広告業界に入ってからもっともつきあいの古い社長。新しい企画を立てた時はまず廣瀬さんにお伺いを立てていました。嫌な顔せずいつでも相談に乗ってくれる、めちゃくちゃいい人です。

2020年より日本インテリアコーディネーター協会の会長に就任
→廣瀬さんが長年理事を務めてきた同会のインテリアコーディネーターは年々増え続け現在は260人(2020年現在)が所属。彼女達が安心して活躍できるよう、賠償責任保険の制度を協会内でつくられた実績もあります。③浦安の方であればどんな案件でも対応可能
→建て替えからリフォームまで、地元・浦安のお客様であればどんな工事でも対応してくれます。小さな工事であっても対応できる知り合いの業者さんを紹介してくれるます。気軽に相談してみてください。

廣瀬さんに相談してみたい方は「友だち追加」をしてください。

LINEでのお問い合わせ方法
「友だち追加」→「開く」→「追加」を押します。自動メッセージが送られて来ますのでを確認いただいた後、メッセージを送付してください。当サイトの「使い方マニュアル」はこちら

Profile
廣瀬 直樹 (Hirose Naoki)
1960年生まれ
株式会社アイ・シー・ジー
HP:http://www.icg.co.jp
住所:千葉県浦安市堀江1-11-1


出身:東京都豊島区
在住:千葉県浦安市
趣味:ゴルフ
好きな音楽:一青窈、浜田省吾、THE BLUE HEARTS、財津一郎
好きな映画:ローマの休日、いちご白書、大脱走、スピード2
好きな一曲:「imagine」John Lennon

Career

ぼくが廣瀬さんに出会ったのは2005年、リクルートでGoodリフォームという雑誌の営業をしていた時。以降、雑誌やWEB、イベントの広告出稿でお世話になってきた。たった一人で会社をつくってから今年で20年。淘汰の激しい建築業界で創業社長が20年事業を続けることは本当に凄いことだ。

中学・高校は早稲田実業。高校を出てインテリアの専門学校「東京デザイン専門学校」へ。インテリア課を終業しインテリアデザインの会社(内装屋)に就職。カーテンの寸法を取りに行って取り付けるという今でいうインテリアコーディネーターの走りのような仕事をしていた。

27歳の時に社長と喧嘩をする。自身でもっと成長したい、おもしろい仕事がしたいと考えていた廣瀬さんは保守的な経営の社長に対し「会社を大きくするなら残るが同じ規模のまま成長するつもりがないなら辞める」と話した。社長からは「大きくするつもりはない」と言われた。職人上がりの堅実な人だった。

その後、2級建築士とインテリアコーディネーターの資格を取得し退社。練馬の中堅ビルダーに就職、住宅の設計を7年やった。建築士としての経験を充分に積んだ後、35歳の時に10人の仲間と独立、住宅設計事務所をつくった。取締役を務めると同時に夜間の千葉工業大学に通い同大学の故・小原先生に従事した。

39歳でICGを設立。全責任を背負って自分一人でやってみたかった。当初はインテリアのコーディネートがメイン業務。その後、地元・浦安を中心に新築・リフォーム工事を手がけるようになった。ビルをつくるような仕事には興味がなくて、住環境、人が住むことについてのデザインをしたい。

「ぼくはせまい家でいかに快適に過ごすかを設計したいんです。子供の頃住んでいた目白の文化住宅は部屋数が足りなくて、いつも妹と部屋をどうやって分けるかを考えていた。この体験がぼくにとっての原風景であり、仕事のモチベーションの源なんです」

2020年から日本インテリアコーディネーター協会の理事に就任。260名を超えるインテリアコーディネーターの活躍できる土壌づくりに取り組んでいる。

日本インテリアコーディネーター協会理事として林野庁・本郷浩二長官に訪庁。

地元密着の商売も大切にしている。会社経営は社会貢献だし、人間は人のためになにかやらなきゃいけないというもって生まれた使命もある。そんな思いで地元のライオンズクラブに所属し、浦安の地域貢献活動にも貢献している。

まだまだやりたいことがたくさんある。それは会社を大きくすることではない。日本のインテリアの方向性を示すこと、そして地元・浦安に地域貢献すること。ぼくも雑誌の掲載やリフォームのイベントで廣瀬さんにはずっとお世話になってきた。なにか企画を考えると真っ先に相談してきたのが廣瀬さんだった。インテリアコーディネーター協会の理事になられてぼくにとっては敷居が上がってしまったけれど、浦安の方々の住まいの困り事には喜んでかけつけてくれるはずなので是非、相談してみてください。

Q:将来の夢は?


高齢者が買っているペットの民事信託業務を考えています。子供がいなくてペットを飼っているご高齢の方々向けに財団法人を立ち上げたい。行政書士が対応しているケースもあるが運用は確立されていない。この事業をぼくの社会貢献の最後の仕事にしようと思っています。

Q:得意なリフォームは?


新築とリフォームの実績は半々くらいです。地元・浦安のお客様のご依頼であればなんでも受けます。リフォーム工事の最多は価格は800万~1000万の複合リフォームの依頼が多いです。複合リフォームは100件以上、新築は40件の実績があります。