株式会社サンシープランニング 青木 宏之さん(東京都豊島区)

編集長 黒田
編集長 黒田
編集長推薦!青木さんはこんなひとです!
①内装工事経験のある、業界20年のベテラン

→函館在住時から累計○件の工事施工を経験。現場経験者の提案は的確で納得感があります。

②マンションのフルリフォームが得意(300〜700万)

→フルリフォームの実績は約○件。マンションに特化しているため(戸建工事は受けない)、工事フローがスムーズです。

顧客満足度で表彰
→リフォームサイト「ホームプロ」では3年連続、全国の顧客満足度優秀社員個人でトップ。年間40件、平均4.75点以上の評価(2019年度)はすごすぎです。

青木さんに相談したい方は「友だち追加」をしてください。


LINEでのお問い合わせ方法

「友だち追加」→「開く」→「追加」を押します。自動メッセージが送られて来ますのでを確認いただいた後、メッセージを送付してください。当サイトの「使い方マニュアル」はこちら

Profile
青木 宏之 (Aoki Hiroyuki)
1977年生まれ。
株式会社サンシープランニング
HP:http://www.ccc-planning.co.jp
住所:東京都文京区目白台3-12-2 バウムライエ大西 1F(青木さん常駐オフィス)

※本社:東京都豊島区東池袋2-38-18 ベル建物


出身:北海道函館市
在住:埼玉県志木
趣味:アンティーク収集、シュノーケリング
好きな音楽:ジャンル問わず好きです。
好きな映画:サマーウォーズ
好きな一曲:LOVE AFFAIR~秘密のデート    夏っぽい曲が好きです。


Career

JR大塚駅。職人の街、池袋本町に近いこの地にサンシープランングのオフィスはある。青木さんとの出会いは2014年。トーンの少し高い声で優しく丁寧に話す様に安心感を持ったのを覚えている。
青木さんは北海道函館市出身。
父が内装業を営んでいたこともあり中学卒業後は高校へは行かず、札幌へ3年間、修行に出た。
そこでリゾートホテルや高層ビルのクロス・床貼りの工事を経験。

その後函館に戻り、実家の稼業を2年間。その後、上京。3年に渡り職を転々とした。
飲食業、サービス業、芸能人が来るネイルサロンのシフト管理、六本木のバー立ち上げなど。
想い焦がれていた東京の華やかな仕事。夢中で働きいろんな経験をした。

23歳で地に足をつけたいと思い「リフォームアドバイザー」としてサンシープランニングに就職。
2003年当時は本川社長と取締役の巻本さんのたった2人の会社。内装職人時代の経験を活かせると思った。仕事は不動産会社からの賃貸住宅の現状回復工事。受注から工事、引き渡しまですべて自分達で手探りでやっていた。

新規開拓にも青木さんが取り組んだ。不動産会社のFAX名簿にDMをうつ反響営業。結構反響があったが提示する見積書も全部手書き。見かねた奥さんが休日に見積書のフォームをエクセルで作成してくれて翌週から使い出して…。そんなアナログな時代をサンシープランニングで過ごしてきた。

3年目、26歳の青木さんに転機が訪れる。六本木で複数のビルを所有するオーナーと出会った。オーナーから「物件の購入を検討しているからリフォームの見積をしてほしい」と言われ概算見積を出したが、その後、詳細見積を出した際に大きな差額が出てしまいクレームに発展。結局購入は見送ることに。

失意の中、オーナーを自宅の家まで車で送る道中にいろんな話をした。中学卒業後働いていること、お母さんが中1の時に亡くなったこと、函館にいる父のこと。失敗をしたもののこのオーナーは「青木くんは伸びしろがあるんだから俺がいろいろ教えてやるよ」と言ってくれ、池袋の自社ビルやドッグショップの内装工事など大きな仕事をくれるようになった。

この人に携わって「同じ仕事をこなすだけで足踏みしていてはいけない。自分なりに一歩を踏み出していかないと成長できない」と考えられるようになった。結果、自分から率先して新しい仕事に取り組めるようになった。

一般のお客様からも直接工事を受けられる体制をつくりたいと社長に提案。リフォームサイトを利用した営業活動をスタートした。現在、サンシープランニングは分業制を敷いている。

青木さんの営業活動を積算、サポートチームがフォロー、工事契約後は現場監理チームが担当する。元々は従業員同士、何をやっているのかわからなかった状態だったのを、仕組みを構築し、契約から完了までのフロー、利益の立て方など、どこを目指して山を登っていくべきかを共有。今は具体的な指示をせずとも回る状態になった。

「もともとは営業がすべての業務を一貫体制でやっていたのですが、数をこなしていこうとすると大変で。外回りから帰ってきて見積書を夜遅くまでつくるのはきつい・・」

分業制にしやるべき仕事を絞りこんだ方が、評価基準が明確になり動きやすくなる。その仕組みづくりをここ最近で確立しつつある。

結果もついてきている。リフォームサイト「ホームプロ」では3年連続、全国の顧客満足度優秀社員個人でトップ。年間40件、平均4.75点以上の評価を得る自分の評価ではあるが、分業してみんなで取った評価でもある。「若いメンバーの意見も吸い上げながら、満足度の高い工事を提供していきたい」

青木さんの挑戦は続く。

Q:クレームをおこさないように気をつけていることは?


ホームプロでよい評価をくれるお客様って、実は工事途中にクレームに発展した方も少なくないんですよ。起きたクレームに対してきちんと対応できたお客様がよい評価をくれます。

リフォームってできあがったものを買うわけではないから難しい。イメージや感覚の違いを理解して商談をしないとクレームになる。主観で考えて判断してはいけない。「それって違いますよ」と言いたい瞬間はたくさんあるがぐっと抑える。とても我慢強くなったと思います。赤字になってもやらなきゃいけないことはやらなきゃいけない。予算度外視になっても信頼・信用が大事だと思っています。

賃貸の現状回復工事は不動産会社が間に入ってくれているので楽でしたね。一般のお客様との付き合いはそのリフォーム一回だけかもしれない。だから厳しく見てくる。それでも一般のお客様との仕事が楽しい。不満が出ることもあるけど、大満足してくれる方もたくさんいる。仕上がりに感動してくれるし、打ち合わせも楽しみにして来てくれる方もいる。その喜びといったらないですよ。夜もドキドキして眠れなくなるほど嬉しい。

Q:青木さんが得意な工事は?


マンションのフルリフォームですね。金額で300~700万くらい。この価格帯の口コミ評価は点数が高いです。お客様の頭の中のイメージをどうやって引き出すか、が大事。2歩3歩先のイメージづくりを意識しています。イメージとドラマづくり、ここをお客さんと一緒に楽しんでやっている自負はあります。

また過程において、安心させてあげることもとても大事。問題ないから報告しないとお客様は心配になってしまう。後期の長い工事だからこそ、密なコミュにケーションを取っていいきます。サンシープランニングでは戸建てのフルリフォームを受けず、マンションに特化しています。マンションのフルリフォームをご検討の方は是非、ご相談ください。お住まいの現状や間取りを写真に撮って送っていただければ概算見積もりも可能です。